18/09/2019 - 22/09/2019

@wbsc   #Baseball #RoadtoTokyo  

Hosted by:   ITA

Baseball Europe Africa Qualifier 2019 - Official Payoff

Chang Yi の最高のピッチングでチャイニーズ・タイペイがスーパーラウンド初勝利

Chang Yi の最高のピッチングでチャイニーズ・タイペイがスーパーラウンド初勝利
12/11/2019
チャイニーズ・タイペイの先発投手Chang Yiは 6.2イニングを投げ、4奪三振、4四球と4被安打を記録した。

右腕投手Chang Yiは今夜、最高のピッチングを見せ、世界ランキング3位の韓国を7対0で負かし、スーパーラウンドの最初の勝利を手にした。この勝利で、チャイニーズ・タイペイはアジアのチームのオリンピック出場の枠を獲得すべく前進を続ける。

1998年のバンコクアジア大会(20試合)以来、チャイニーズタイペイのトップレベルチームが韓国を封じたのはこれが初めてだ。

チャイニーズ・タイペイの先発投手Chang Yiは、6.2イニングを登板し、4安打を許したが、4四球、4奪三振を記録した。25歳の右腕投手は、92 mph(149 kph / 93mph)の速球と80mph代のチェンジアップとカーブボールを織り交ぜ、韓国の打者達を悩ませた。彼は合計112球を投げた。

「投球を混ぜるようにしていました。私たちの戦略は非常に上手くいき、コーチ陣は素晴らしい働きをし、私の捕手は素晴らしい試合に導いてくれました。全てが私にとって最高に機能していました。」とChang投手は記者会見で語った。

「今日はすべての選手、特にChang Yiが素晴らしい仕事をしました。」とチャイニーズ・タイペイのI-Chung Hong監督は語った。「彼は、前半のイニングで危ない状況を切り抜け、無失点を守り、私達に試合に勝つ機会を与えてくれました。」と加えた。

2回表チャイニーズ・タイペイ2得点でリード。1 アウトで一 塁に走者をおいてSheng-Wei Wangは、ゴロをショートに打った。Haseong Kimは二塁でアウトを取ったが、Wangはこの回を終了させるダブルプレイを避けて1塁アウトをまぬがれ、攻撃を持続。2投球後、Yu-Chieh Kaoがレフトに二塁打を打ち、試合最初の得点を入れ、その後Chin-Lung Huが一塁打をライトへ打ちKaoを帰還させ、さらに一点を追加した。

4回表、のチャイニーズタイペイはスモールボールでさらに1点を追加した。Li Lin は一塁打を打ち、その後Wei-Chen Wangによる犠牲バントで進塁した。その後、Sheng-Wei Wangが一塁打をセンターに打ち、Linを帰還させた。

7回、チャイニーズ・タイペイは、一回のスイングでチャンスを二倍にした。Chun-Hsiu Chenはツーアウトで二人の走者を置き、リリーフのJonghyan Won投手から文句なしのホームランをレフトに放ち、試合を6対0に持ち込んだ。

試合の最後の得点は、9回にChe-Hsuan Linによって、Hung-Yu Linのタイムリーで得点された。

「これは私たちにとって非常に重要なゲームでした。」と、韓国のKyungmoon Kim監督は語った。「しかし、すべての試合に勝つことはできないので、今は次のメキシコとの試合に向かって調整するだけです。」

チャイニーズタイペイ(1勝2敗)と韓国(2勝1敗)は11月15日金曜日の次の試合までに2日間の休日がある。チャイニーズタイペイはアメリカと、韓国はメキシコと対戦する。