22/03/2020 - 26/03/2020

@wbsc   **Event postponed until further notice.  

Hosted by:   USA

Baseball Americas Qualifier 2020 - Official Payoff

あと15日! WBSCアメリカ大陸野球オリンピック予選 プレビュー

あと15日! WBSCアメリカ大陸野球オリンピック予選 プレビュー
07/03/2020
8チームが出場するこの予選は3月22日から26日までアメリカ・アリゾナ週のサプライズスタジアムとテンピスタジアムで行われる。

WBSC野球アメリカ大陸オリンピック予選開催まであと15日に迫った。8カ国の代表チームが東京オリンピック2020出場1枠をかけて5日間対戦する。世界2位アメリカ、8位キューバ、9位ベネズエラ、10位ドミニカ共和国、11位プエルトリコ、12位カナダ、14位コロンビア、15位ニカラグアが出場し、この中から1カ国がオリンピック行きを決める。

出場する8チームは抽選で2グループに別れた。グループA首位のアメリカはドミニカ共和国、プエルトリコ、ニカラグアと対戦。グループBはキューバ、ベネズエラ、カナダ、コロンビア。

オープニングラウンド12位試合は3月22日から24日に行われ、各グループ上位2チームが進出チーム同士のオープニングラウンドの勝敗成績を持ち越してスーパーラウンドで戦う。この大会でトップにたったチームが東京2020オリンピックへのチケットを手に入れる。

そしてこの大会で2位と3位に残ったチームは6月17日から21日まで台湾の台中と斗六で行われる最終予選で最後のチャンスが残される。この最終予選には世界4位チャイニーズタイペイ、6位オーストラリア、8位オランダ、20位中国が最終枠を狙い出場する。

グループA

アメリカ:  開催国のアメリカはこの大会で世界ランクトップ国として出場する。世界2位のアメリカはWBSCプレミア12 2019の3位決定戦でメキシコに延長10回3対2で敗れオリンピック行きを逃した。アメリカはオリンピックではメダル3個を獲得しており(シドニー2000金、アトランタ1996銅、北京2008銅)、5度目のオリンピック出場を実現させたい。アテネ2004はパナマでの予選でメキシコに延長の末敗れた。オリンピックの野球大会でのアメリカのメダル獲得数はキューバに続いて2番目に多い。シドニー2000での決勝では後にMLBオールスターとなったBen Sheetsが完投完封し、アメリカはキューバに4対0で勝利した。

ドミニカ共和国: プレミア12 2019で7位の成績でドミニカ共和国は野球アメリカ大陸予選に出場する。プレミア12ではメキシコ・グアダラハラのグループAは1勝2敗の3位で終わり、スーパーラウンド進出は逃した。ドミニカ共和国は1992年バルセロナでの第一回野球オリンピック大会に出場し、イタリア(7対5)とスペイン(11対2)を破って6位に入った。また1984年にロサンゼルスで行われた模擬大会にも出場した。

プエルトリコ:プエルトリコはプレミア12では1勝できないままグループB0勝3敗で、キューバとオランダをと最低順位で並んだ。プエルトリコは1度だけ、1992年バルセロナ大会に出場し、ドミニカ共和国(7対5)とイタリア(2対0)に勝利し5位(2勝5敗)となった。

ニカラグア:ニカラグアは史上2度目のオリンピック出場を狙う。1996年のアテネ大会では4位に終わった。当時ラウンドロビン戦を4勝3敗で勝ち抜き、準決勝でキューバに8対1で敗れ、3位決定戦でアメリカに10対3で敗れた。パナマはパンアメリカン競技大会リマ2019で3位に入り、WBSC野球アメリカ大陸予選出場権を獲得した。



グループB

キューバ: キューバはこれまで金メダル3個と銀メダル2個とオリンピックメダル獲得数最多を誇る。これまでオリンピックで5回決勝まで残っている。野球オリンピックはキューバは1992年のバルセロナと1996年のアトランタの両大会の決勝で、それぞれチャイニーズタイペイに11対1、日本に13対9で破り無敗で金メダルを獲得している。またシドニーでは、キューバはオランダとの試合でオリンピック初めて黒星をつけてオープニングラウンドを通過し、決勝でアメリカに4対0で敗れ銀メダルとなった。2004年のアテネ大会では決勝でオーストラリアに6対2で勝利し金メダル、2008年北京大会では決勝で韓国に3対2で敗れた。プレミア12 2019ではキューバは10位に終わった。

ベネズエラ: ベネズエラはオリンピックで野球競技出場をまだ果たしていない。世界9位ベネズエラはプレミア12vではグループB2位に終わった。オープニングラウンドでプエルトリコを倒したが日本とチャイニーズタイペイに敗れオープニングラウンドで敗退した。

カナダ: カナダは2004年アテネと2008年北京で2度オリンピック出場している。初めての出場ではラウンドロビン戦を5勝2敗で通過し準決勝まで進んだが、キューバー(8対5)、日本(11対2)で敗れ、4位に終わり表彰台登壇を逃した。その4年後の2008年ではカナダは2勝5敗で6位に終わった。プレミア12 2019では、カナダはグループCでオーストラリアとキューバと2位に並んだが、タイブレークルールで負けプレミア12では7位に終わった。

コロンビア: コロンビアは史上初のオリンピック出場を目指す。世界14位のコロンビアはパンアメリカン競技大会リマ2019で4位に入り、WBSCアメリカ大陸野球予選への出場を決めた。グループBでコロンビアはキューバとアルゼンチンに勝利し2位に入り、スーパーラウンドでは3位についたが、3位決定戦でニカラグアに敗れた。