22/03/2020 - 26/03/2020

@wbsc   **Event postponed until further notice.  

Hosted by:   USA

2020 Baseball Americas Qualifier - Official Payoff

Bautista, Franco選手はドミニカ共和国の為にオリンピック予選大会で戦う準備万端

Bautista, Franco選手はドミニカ共和国の為にオリンピック予選大会で戦う準備万端
04/03/2020
より多くの有名選手とトップの有力候補が彼らの国がオリンピックに参加するのを助けることを望んでいる。そして、ドミニカ共和国には野球で最高の選手たちが何人かいる。

ドミニカ共和国代表チームは、今後のアメリカ大陸オリンピック予選へ向け、才能のある選手を揃えようと準備している。ドミニカ共和国の名簿には、元ビッグリーグの強打者(そしてリリーフになりうる選手) Jose Bautista 選手と、メジャーリーグベースボール(MLB)でトップの候補と考えられているスイッチヒッターでショートのWander Franco選手が含まれている。

Bautista (上の写真; Dailyhive.com)は10月に40歳になる。彼はMLBで15年のキャリアを誇っており、トロントブルージェイズで全盛時代を過ごしている。

Bautistaは2018年以来MLB試合でプレイしていないが、MLB.comのJon Morosi氏によると、彼は今月後半にカムバックする準備ができており、第32回オリンピック競技大会に向けWBSC野球アメリカ大陸予選 でドミニカ共和国を代表する。

Bautistaには344本のキャリアホームランがある。彼は、ドミニカ代表チームの一塁手でプレーすることを期待されているが、リリーフ投手としても貢献したいと考えている。

ESPNのJeff Passan記者は、ある情報筋によると、Bautistaが時速94マイルの速球を投げることができ、彼のスライダーには顕著な動きがあると述べた。

Passanはまた、野球で一番の期待の Wander Francoも、オリンピックへの出場権を手に入れるのにユニフォームを着るというニュースを伝えた。2001生まれで、元大リーガーの Willy と Erick Aybarの甥のFrancoは、クラスAで52試合に出場し、2019年にタンパベイレイズに進んだ。

オリンピック予選のドミニカ代表チームは、最近の発表によると、発表されたMLB 40名の選手名簿にはベテラン選手と期待される選手が混じっているとのことだ。