28/07/2021 - 07/08/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Baseball Olympic Games 2020 - Official Payoff

親愛なる東京2020ボランティアの皆さま 忘れられないオリンピック野球とソフトボール競技実現のためにご協力頂きありがとうございます

親愛なる東京2020ボランティアの皆さま 忘れられないオリンピック野球とソフトボール競技実現のためにご協力頂きありがとうございます
11/08/2021
彼らがいなければ、東京2020大会で「プレイボール」を叫ぶことはできなかっただろう。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は、東京2020オリンピックで野球とソフトボール競技を成功させるために貢献してくれたすべての献身的なボランティアと野球/ソフトボール関係者に感謝の意を表した。

WBSCは国際オリンピック委員会(IOC)の言葉を分かち合った。「親愛なるボランティアの皆さん、皆さんなしでは全てのことが不可能でした。オリンピックの精神をもう一度生き返らせてくれた、皆さんのお仕事に感謝します。これらのオリンピックの試合は皆さんなしでは起こり得ませんでした。」

ボランティアの声

東京2020の野球・ソフトボールのボランティア、下村そよさん(今年21歳・大学3

年生)はWBSCにこのように語った。「オリンピックでのボールガールが決まった時は嬉しかったが、同時に、日本だけではなく全世界に放送される責任から、不安も感じた」

綱島悠人さん(今年22歳・大学4年生) はWBSCにこのように語った。「オリンピックでのボールボーイが決まった時は嬉しさと不安があったが、家族がとても喜んでくれた。お客さんがいないことと、応援歌がないことは普段と違って寂しく感じる。その一方で、より多くの人がテレビ中継を見ている。」

もう一人のボランティア、瀬戸里穂さん(今年22歳・大学4年生)は

「色々な国の人との仕事を通して国際に興味が傾いた。」と語った。

オリンピックやワールドカップなどの主要なスポーツイベントのボランティアやトーナメント関係者(記録係、審判員、テクニカルコミッショナーなど)は、大会の実現を支える舞台裏の主役だ。

野球とソフトボールの場合、彼らなしでは東京2020大会で「プレイボール」を叫ぶことはできなかっただろう。