28/07/2021 - 07/08/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Baseball Olympic Games 2020 - Official Payoff

オリンピック野球競技開幕戦日本対ドメニカ共和国 稲葉監督とボルグ監督が先発を発表

オリンピック野球競技開幕戦日本対ドメニカ共和国 稲葉監督とボルグ監督が先発を発表
27/07/2021
両チームの監督が火曜日に福島で行われた大会直前記者会見で出場する選手を発表した。

日本とドミニカ共和国の代表チームを指揮する稲葉篤紀監督とヘクター・ボルグ監督がオリンピック野球競技の開幕戦に出場する先発選手を発表した。開幕戦は7月28日正午に福島県営あづま球場で実施される。

稲葉監督は先発に山本由伸を起用。山本は22歳の右投げ投手で、日本野球機構(NPB)での2021シーズンはオリックス・バッファローズで16試合先発、驚きの防御率1.82をマークした。

「山本の若いエネルギーを必要としています。彼はシーズン全体で好調でしたので、彼らしい投球をしてほしいと願っています。長いイニングというより1イニングずつしっかり抑えることを期待しています」と稲葉監督は記者会見で語った。

ボルグ監督はドミニカ共和国の先発に27歳の左腕クリストファー・メルセデスを起用する。彼は2017年からNPBの読売ジャイアンツでプレーしている。2020シーズンは左肘の手術のためシーズン途中で終わった。

「メルセデスは日本と対峙する準備ができています。彼がチームにいてくれて大変嬉しいです。」とボルグ監督は語った。

稲葉監督はまだドミニカ共和国チームについて敬意を込めてこう語った。

「ドミニカ共和国の先発選手は日本でプレーしている投手で日本の打者をよく知っているので、彼と対決するためにしっかり対策を練っていきたいです。打線もMLB経験のある打者が多く力強いスイングしてくるので、警戒したい。無観客となったことは非常に寂しい思いですが、福島の皆さんが見て何かを感じていただけるよう全力で戦います」

ヘクター・ボルグ監督は記者たちに日本の強さについては認識しているが、「素晴らしいチームで、素晴らしい野球をしていますが、私たちも同じレベルで戦う準備はできていると思います」と意気込んだ。

またボルグ監督は予選で活躍した自身のチームの打線はNPBの投手たちに太刀打ちできるだろうと自信をのぞかせた。

そして最後にボルグ監督は「チームを信頼しています。フロリダやメキシコでプレーした通りの試合がここでもできると思います」と結んだ。

Tokyo 2020 – Olympic Baseball