28/07/2021 - 07/08/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Baseball Olympic Games 2020 - Official Payoff

メキシコのWBSCプレミア12のヒーロー、マットクラークが、WBSCグローバルゲームポッドキャストで、東京オリンピックを前にし、再びプレーすることについて語る

メキシコのWBSCプレミア12のヒーロー、マットクラークが、WBSCグローバルゲームポッドキャストで、東京オリンピックを前にし、再びプレーすることについて語る
19/06/2021
34歳の強打者は、プレミア12の3位決定戦をソロホーマーで勝ち取り、メキシコは東京オリンピックで「非常に競争力がある」と語った。

2019年WBSCプレミア12の3位決定戦勝利し、で東京オリンピックの出場権を手したメキシコ代表のヒーローの1人であるマットクラーク(34歳)は、 WBSC グローバルゲームポッドキャストの第3話の野球ゲストだった。

「今年はクレイジーな年だった」とクラークはメキシカンベースボールリーグ(LMB)のスルタンズでプレーしている際に、モンタレイ出身のホストのTyler Maunに語った。「ここはプレーするのに本当に楽しい環境です。」

クラークはアメリカのメジャーリーグに出場し、日本プロ野球(NPB)でプレーしたこともある。彼はまたメキシコでLMBとウィンターパシフィックリーグ(LMP)の両方でプレーしたこともがある。「これほど多くの距離を旅してプレーするなどということは夢にもおもっていませんでした。」と彼はポッドキャストでコメントした。ポッドキャストでは、WBSC野球アメリカ大陸予選の様子も振り返っている。

2011年の野球ワールドカップとパンアメリカン競技大会でアメリカを代表した後、クラークはメキシコを代表する機会があった。彼は2019年WBSCプレミア12の銅メダルゲームのヒーローの1人だった。

「私たちはプレーする準備ができていました。」とクラークは言った。「私たちは持っているすべてのものを出しきって、ここまでたどり着くことができました。」自分が信じること、これこそがプレミア12が遺してくれた最も重要な財産だと彼は言った。「私たちがあのレベルにふさわしいことを示すことができました。」

クラークは、アメリカのディクソンから試合を同点にする本塁打を打った。「あの打席ではある一球だけを狙っていたのですが、それを逃してしまい、彼が再びそのピッチ投げるわけはないと思っていましたが、彼がまた投げたので、今度は私がそれを逃しませんでした。」

クラークは、「本塁打後にベースを一周することは、私のキャリアの中で行った2つの最高のことの1つです」と付け加えた。

この本塁打でクラークはこの試合のHublot Manに決まった。本塁打はクラークをこの試合の”Hublotの男”にした。クラークは次のようにコメントしている。「帰りの飛行機の中でHublotの時計を着用して帰りました。」

東京オリンピックについて尋ねられたとき、クラークは名簿の変更があるだろうと言った。

「私たちは非常に競争力があります。勝つためにに行オリンピックにいきます。」

何よりも、クラークは、結果がどうであれ、2021年のシーズンが彼にとって大事なシーズンになることを確信している。それは、それが再びプレーが出来たという思い出をもたらすからだ。「これまでの自分のキャリアの中で最長の休息期間でした。」

The Global Game






IOC Virtual Fan 2020 Olympics