28/07/2021 - 07/08/2021

@wbsc    

Hosted by:   JPN

Baseball Olympic Games 2020 - Official Payoff

WBSC野球世界ランキング最新版が発表 五輪での結果がポイントに反映

WBSC野球世界ランキング最新版が発表 五輪での結果がポイントに反映
11/08/2021
日本が引き続き世界首位を維持。韓国は過去最高の2位に入った。

【スイス・ピュリー】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は今日、WBSC野球世界ランキングの最新版を発表した。今回の結果は東京2020オリンピックの結果が反映される。

WBSCは東京2020オリンピック野球競技の最終順位をもとにWBSC野球世界ランキングに計1239ポイントが加算された。

  • 1位 日本 375ポイント
  • 2位 アメリカ 308ポイント
  • 3位 ドミニカ共和国  240ポイント
  • 4位 韓国 173ポイント
  • 5位 イスラエル 105ポイント
  • 6位 メキシコ 38ポイント

世界ランキングには現在85ヶ国がランクイン。その中で東京2020オリンピック野球競技で金メダルを獲得した日本(計4290ポイント)が首位をキープした。

ランキング2位は韓国(3423ポイント)、3位はチャイニーズタイペイ(3315ポイント)。

4位はアメリカ(3077ポイント)、5位はメキシコ(2270ポイント)。

快挙の銅メダルを獲得したドミニカ共和国(2063ポイント)は自国最高順位の世界6位、オーストラリアはワンランク落として7位(1946ポイント)。

8位オランダ(1740ポイント)はヨーロッパ首位。9位カナダ(1713ポイント)はワンランクアップ、10位ベネズエラ(1619ポイント)は前回と変わらず。

24位イスラエルも順位に変更はなかった。

WBSC野球世界ランキングは各国の野球国力を測るもの。U-12からトップレベルまでのWBSC公認国際大会での過去4年分の結果が反映される。

WBSC世界ランキングの詳細や計算方法はこちらより→https://rankings.wbsc.org